Cast-Designer最適化

Cast-Designerオプティマイザは複数基準非直線最適化が目的のソフトウエアです。下記に対する理想的なソリューション:

  • パーフォーマンスを改善
  • 最適マネジメント法則を探る
  • 識別と検証
  • コスト節減

Cast-Designerオプティマイザは”複雑”な現実の問題の市場に対し、新しい機会を拓くユニークなソフトウエア・パッケージです。これは複雑なシステム、技術ファシリティ、技術プロセスのパーフォーマンスを改善し、ユーザーの最適パラメタ探索に基づいた新しい材質の開発に使われます。

image001

ゲート・システム最適化結果
(ベスト・フロー・バランスと最小ローカル・ガス巻込み)

image003 image005

ゲート・システム最適化事例
3つのSIVを座標値、ゲート・システムの幅およびサブ・ランナをコントロールするファクタを設定

image007Cast-Designer最適化ポストプロセス・インタフェース

 このソフトウエアはまた費用の節減と実行時間の短縮を可能にします。このシステムの主な目的は、複雑で非常に労力を要する最適システム設計パラメタの探求の労苦から、設計者または研究者を解放することにあります。この探求のプロセスは時に多大の論議を呼ぶ問題に出会うものです。

Cast-Designerオプティマイザは何をするのか?

Cast-Designerオプティマイザは実際にシミュレーション・プロセスを自動化します!Cast-Designerゲート・システム設計機能で作成される、ゲート・システムとライザまたはフィーダの初期設計からスタートします。そして、次の最適化要素を選択します:

ソース入力変数(SIV)
変化が許容される設計要素です。たとえば、ランナ寸法、ライザ寸法のようなゲート・システムの図形パラメタであり、また、カスティング工程の何等かのパラメタであり、あるいは注入温度または排出速度またはHTCのような境界条件です。Cast-Designerの全てのパラメタはSIVとなることができます。図形もパラメタもです。これはユニークです。

image009

ライザのサイズと収縮ポロシティ量を最適化するグラビティ・カスティング・モデル

image011

 ライザ最適化結果
赤の点が最適化から得られたパレート点
相対的入力値(RIV)または拘束

相対的入力変数(RIV)または拘束:
この変数はソース入力変数とリンクしています。データ範囲の条件付きのことがあります。RIVの数は無制限です。拘束は特定の設計が許容可能かどうかを決めるのに使われます。たとえば、最低許容収率またはポロシティの最大許容レベルを指定できます。

結果目的(RO):
シミュレーションのターゲットまたは鋳造技術者が達成しようとするものを記述します。たとえば、収率を最大にする、収縮を最小にする、または凝固時間を最小にするなどです。あるいは、最小ガス巻込みと充填プロセスでのバランス・フローです。

これらの要素が識別されれば、ユーザーはCast-Designerオプティマイザを起動して、実行します。これは一連のシミュレーションから成ります。そこでは、望ましい結果が達成されるまで、オプティマイザ・ソルバのコントロールの下で設計条件が変わります。モデル変更がなされ、シミュレーション結果が評価されます。

Cast-Designerオプティマイザを使って、鋳造技術者は初期設計をスタートし、コンピュータに設計の修正作業をさせ、そしてシミュレーションを実行して最適結果を達成します。